地獄からちょっと這い上がる

某私立大学を除籍→再入学→留年、さらに極貧という地獄のような経歴を持つ元セミプロベーシスト、現遊園地スタッフの心の叫び。

伊勢神宮が神々しすぎてさすがの僕も恐れ入った~三重3日目~

f:id:izumojiro:20170212095428j:plain

こんにちはバンジー。忙しいは言い訳にならないけど忙しい。出雲ジロウです。

三重旅行記の続きを書いていきます。

前の記事はこちらからどうぞ!

 

izumojiro.hatenablog.com

 

 

izumojiro.hatenablog.com

 

 

三重最終日、僕が待ち望んでいたメインに手をつけていきます。

しかしこの日はあいにくの雨。

ゲロ寒い。傘を持つ手がブルブル。カメラを持つてもブルブル。

そんな寒い中近鉄で鳥羽から伊勢へ。500円ぐらいでした。

 

伊勢神宮 外宮

 

伊勢から歩いて7分ぐらいすると伊勢神宮外宮に着きます。

 

f:id:izumojiro:20170212092436j:plain

 

穢れた手を清めていく。

このとき寒すぎて手洗いたくなかった。

外気は1度。

そしてゆっくり進んでいきます。

 

f:id:izumojiro:20170212092451j:plain

 

大きな鳥居をくぐって入っていきます。

もうなんかパワーあるわ。霊力ある。押されてるなう。

鳥居くぐるときに軽くお辞儀した僕可愛い。

 

f:id:izumojiro:20170212092509j:plain

 

外宮、多賀宮までの道。

美しすぎ。神々しすぎ。

外宮でそんな力使っちゃっていいの?もう後出しできないけど?

 

f:id:izumojiro:20170212092529j:plain

 

勾玉池

や、風情。風情チック。

雨の日の神宮もエモーショナルでいいなと思いました。

晴れの日にきたことないけど。

 

f:id:izumojiro:20170212092552j:plain

 

なんかすごそうな岩。ミカルゲ出てきそう。

 

f:id:izumojiro:20170212092545j:plain

 

そして外宮は別宮、多賀宮です。

トヨウケノオオミカミノアラミタマ

という神が祀られているそうですね。

なんかわからないけど、少し泣きそうになりました。

そのぐらい心を動かされました。

 

内宮前、おかげ横丁

 

 

そして外宮の参拝が終わり、内宮へ向かう。

その間を歩いていこうとしたら雨降ってたしかなり距離があることが判明。

ツレの靴はビシャビシャの毘沙門天

 

途中でタクシー捕まえて1070円ぐらい払いました。

聞いたら5キロほどあるみたい。みんなはバスで行こうね!

 

タクシーで内宮前へ

バスターミナルから歩いて3分ほどでおかげ横丁に着きます。

 

f:id:izumojiro:20170212095428j:plain

 

活気がすごい。みんないろいろ売ってくるし。

中華街の落ち着いてるバージョン。

歩くだけでも楽しかったです。本当にいろいろあったので買い物と食事には困らないです。

 

そして僕がめちゃめちゃ楽しみにしてた伊勢うどん

有名なふくすけさんで食べました!

伊勢内宮前 おかげ横丁【店舗ガイド】

 

f:id:izumojiro:20170212095440j:plain

 

おかげ横丁に入ったら50メートルもしないぐらいで着きます。

伊勢うどんが500円ほどでした。他にもカレー伊勢うどんや天ぷらなどもありました。

 

こいつがもううめーのなんのって。

柔らかいの。みんなが想像してる倍は柔らかい。

オノマトペで言うならフニャフニャです。

普通のうどんはシコシコしてて歯ごたえがあるのですがこちらは違う。

フニャフニャ柔らかいうどんに甘めのタレが絡みついてすごく美味しい。

汁はかなり少ないけどうどん自体の味もしっかりしてるしタレをよく絡めていてこれはこれでうどんの完成形だと思いました。

 

軽く腹ごしらえが終わったらデザート。

三重で甘味といったらそう。

赤福だよね!!

 

f:id:izumojiro:20170212095435j:plain

 

赤福本店 | 伊勢名物 赤福

おかげ横丁入口直ぐにあるので非常にわかりやすい。

二つで210円ほどの赤福を注文。

 

f:id:izumojiro:20170212092612j:plain

 

すごくあったかい炭火。

赤福が運ばれるまでここで暖をとりました。

 

f:id:izumojiro:20170212092707j:plain

 

着やがった。あの有名な赤福

僕は食べたことがない。あまり人からお土産をもらえない。

食べたかった。会いたかった。

実食。

 

餅やわらかっ!!!!

すげー!フニャッフニャ!すぐ飲める!餅うまあ!!!

甘さちょうどいい!!!

すっきりしてる!!!

あんこなめらかっ!!!

うまあ!!!

 

って感じですぐに食べてしまいした。

美味しかった。できればもういちど食べに行く。

 

お腹も満たされたところでいざ内宮へ!

 

内宮

 

ワクワクしながら足を運ぶ出雲ジロウ。

正直お腹いっぱいだしもう寝ても良かった。

 

f:id:izumojiro:20170212092800j:plain

 

大きな橋を渡ります。

面白いのが右側通行。外宮の入口は左側通行でした。なんでだろう?

 

歩いていくとまたまた美しい光景。

 

f:id:izumojiro:20170212092831j:plain

 

樹でかすぎ。

飲まれる。

ほどなくして五十鈴川につく。

 

f:id:izumojiro:20170212092817j:plain

 

綺麗でした。晴れてたらもっと綺麗だったのかななんて思いながら全身でパワーを吸い取りました。おそらくこの川のパワーはほとんどなくしました。

お賽銭投げられてましたがダメですよ!!

ダメって書いてあったし!ダメ!!

 

そしてここから少し階段を登ると・・・

 

f:id:izumojiro:20170212092845j:plain

 

内宮、本宮です。アマテラスノオオミカミが祀られています。

言い知れない不思議な力を感じました。マジ、マジですから。

うおおおおおおおおおおおおおって感じ。

 

ここの神様にはお願い事ではなく、生きていることへの感謝を述べることがいいみたいなのでめちゃめちゃ感謝してきました。

そして見ててくださいと言ってきました。

本当にすごい力があると思わされました。包まれるような感じ。

 

帰路に可愛いのがいました。

 

 

f:id:izumojiro:20170212101638j:plain

 

まだあるもんなんだね。神秘的。

 

あと一つ一つの樹がマジででかい。でかすぎる。全部御神木。

f:id:izumojiro:20170212092850j:plain

 

触って吸収してきました。この樹は翌日に枯れてしまうことでしょう。

Dr,ゲロ並みの吸収ですから。

 

そんなことをしながら歩いてたらもう出口。ペコリと頭を下げて出てきました。

 

f:id:izumojiro:20170212095133j:plain

 

出口まで神々しかった。

 

まとめ

 

これで僕の三重旅行は終わってしまいました。

どこも楽しかったし美しかった。

あとご飯がすごい美味しかった。

三重県、全部は見切れてなかったけど魅力がすごかったです。

名古屋もご飯美味しかったし観光スポットだらけ。

関東にはない良さがたくさんありました。

 

やはり海辺とか綺麗な海はいいです。

心が洗われる。ぜひもう一度着たいと思わされた旅行でした。

得られたものはたくさんありすぎて上げきれないけど

国内旅行でも知らない土地に行ったら価値観は変わる。

一回行ってみるべきです。

僕は推します。三重県

ありがとう三重県!フォーエバー三重県

 

f:id:izumojiro:20170212095436j:plain

 

帰りたくねえよ~~~~!!!

 

出雲ジロウでした!アリガトくん!