読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄からちょっと這い上がる

某私立大学を除籍→再入学→留年、さらに極貧という地獄のような経歴を持つ元セミプロベーシスト、現遊園地スタッフの心の叫び。

被害者男性社員と対談~パワハラ奮闘記~

パワハラ奮闘記

ばんじまして!出雲ジロウです。

昨日も元気に出勤してまいりました。そしてパワハラ被害を受けている男性社員と酒を酌み交わしてきました。

 

 

被害者は僕と同年で社員の男性です。

彼が受けている被害は

被害者女性社員と対談~パワハラ奮闘記~ - 地獄からちょっと這い上がる

上記の女性社員と共通しているものでした。

 

また、彼は希望の部署に長いあいだ行けず、異動願いをことごとく却下されています。(3年ほど)

そして僕が彼のために現場を変えたいと思ったことが一つありました。完全に感情論ですが、彼の片思いしていた女性社員がパワハラ被害によって退社してしまったということでした。

 

これは完全に僕の主観と価値観での考えであり、そのために動くのも間違っていると思いますが、友人の恋心が第三者によって残念な形で妨害されたことが悲しくて仕方ないのです。

 

ひとりひとりに話を聞いていくことで上司の傲慢さや会社の腐敗がよくわかってきました。

なんとくだらないことで彼は失恋という結果を迎えなければならなかったのでしょう。

証拠や証言を集めて、叩きつけたいだけなのに僕もこんなに悲しい気持ちになるとは思いませんでした。

同時に上司に対する嫌悪も増してきました。

明日も出勤ですが正直気が気じゃありません。

 

一刻も早く、できれば新入社員が入ってくる4月までに上司の更迭を叶えたいものです。

叶わないとしても少しでも現場が働きやすくなったり、これを読んでくださってる社会人の方のパワハラに対する認識が少しでも変わればいい、そう思ってまた明日も戦ってくるつもりです。

 

進展は遅いかもしれませんが着実に一歩一歩踏み出せています。

応援のほどよろしくおねがいします。

出雲ジロウでした。だんだん!