読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄からちょっと這い上がる

某私立大学を除籍→再入学→留年、さらに極貧という地獄のような経歴を持つ元セミプロベーシスト、現遊園地スタッフの心の叫び。

パワハラ女上司に合法的に一泡吹かせたい!パワハラ奮闘記

ばんじまして!若者が働きやすい社会を!出雲ジロウです。

みなさんはパワハラというものを知ってますでしょうか?

パワハラとは立場的な優位を盾に肉体的、精神的苦痛を与えることをいいます。

そしてこのパワハラは日常的かつ多くの職場で行われています。

 

 

僕もパワハラ被害者の一人です。

僕の所属している現場の主任である女上司(アラフォー)に尻をつねられたり、食事中に下ネタや生理の話をゴリゴリにされます。

下ネタは大好きなのですがアラフォーの見た目もしんどいおばさんに食事中に一方的に夜の話をされるのはかなりキツイんですねコレ。

また指示が納得いかないことを指摘すると「立場わかってんの?」と言われたりひどい時は一日中無視されます。業務上支障が出るレベルです。

 

 

しかしこれは僕だけにではないんですね。多くの社員、特に女性社員にはもっとひどいです。

根も葉もない噂を流したり有給を認めない、休憩を与えないなんてのもザラです。

みんな仕事が好きだから文句ひとつ言わずに耐えています。何年も。

 

そんなことが続いたある日、僕と仲のいい女性正社員が泣きながら「もう辞める」と言って僕のもとへ走ってきました。

上記のようなパワハラや仕事の邪魔に耐えかねて、この女性社員の心はダム決壊してしまったんです。このとき、女性社員は14時間11連勤でした。

このとき、僕は「この現場は狂ってる」と思ったのです。そして同時に「変えたい」と思いました。

 

 

なんとか女性社員を辞めさせないように。みんなが働きやすいように。アルバイトさんも伸び伸び働けるようにこの狂った常識をぶち壊します。

僕だってやられっぱなしじゃない。なめるなと。

これから僕は職を失うかもしれませんが今後の社会のために少しでも変わればいいと思って動き出します。

大学生が何を無謀な。と思うかもしれませんが僕が大学生だからこそできるんです。

正社員や上司は立場上無理に動くことは難しいし現状を壊すのに対して恐れてます。

なので準社員大学生というフットワークの軽すぎる、未来がありすぎる僕がやるんです。

今日が第一歩。被害者の女性社員や同じ感情を抱いている社員を数人集めて僕が統率をとって動きます。

これからどうなるかわかりませんが成功しようが失敗しようが動いて文字に起こすことが大事。

もしよろしければ応援よろしくお願いします。

 

出雲ジロウでした。だんだん!