読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄からちょっと這い上がる

某私立大学を除籍→再入学→留年、さらに極貧という地獄のような経歴を持つ元セミプロベーシスト、現遊園地スタッフの心の叫び。

大学を中退する方法をRPG風に解説してみる~経験談~

中退 大学

こんにちは。出雲ジロウです。

前の記事でも書きましたが僕は大学を一度中退しています。

前回は中退する前に考えて欲しいことを書きましたが、今回は実際に辞める際に親になんて言うか、伝えたあとの手順を書きたいと思います。

 

 

STEP1~親~

ここが最初のボスバトル且つラスボスです。

こいつを倒さなきゃステージを進めることはできません。

親の攻撃力(言い分)、防御力(後ろ盾)を考えていきましょう。

 

・学費を出している攻撃

・連帯保証人攻撃

・親孝行してくれ攻撃

・何かをやり遂げてみろ攻撃

など高火力、広範囲の攻撃技がありますね。これはレベル1で装備なしのあなたじゃあ絶対防ぐことはできません。後に呪文を教えます。

 

また親の防御呪文は

・世間からの目

・留年してでもいい

・親戚を呼ぶ

あたりです。固すぎて突破できません。

なのであなたも火力の底上げをしましょう。

 

あなたが使える呪文

・やりたいことがある

・将来稼いでしっかり返す

・確固たる決意

・黙るor泣く

・消える

があります。親は子供の夢にめっぽう弱いので「やりたいことがある」がメインウェポンになるでしょう。確固たる決意とコンボで使うとかなりの火力を出せます。

「将来稼いでしっかり返す」は「大学卒業すらできないやつが何ができる」とカウンターされることもあるので気をつけてください。

「黙るor泣く」は子供の頃に戻りましょう。親の母性をつつきます。ここで切れるのは絶対にNG。せっかくほぐれかけた母性が戻ってしまいます。

「消える」は最終手段です。その場からいなくなり、連絡を断ってください。友人の家やネカフェに3~4日消えてみましょう。長期戦には向いていますが博打性は高めだと言えます。

 

親の防御力はそれぞれなので絶対とは言えませんが僕は上記の呪文で中退することができました。親戚を呼ばれたときはすぐさま消えました。

攻撃を受けきるのではなく避けることも大事だと心得てください。

また、親との空気もできるだけ保ってください。険悪になればなるほど戦いづらいです。

 

 

STEP2~手続き~

ここまできたら楽勝です。もはやエンドロール。

大学の教務課に行って手続きしてください。

「大学を中退します」と言えばやり方を教えてくれます。この際、教授という裏ボスが出てくるのですがさほど強くないのでワンパンで勝てます。

 

ここまで終えたらゲームクリアです。晴れてあなたは最終学歴高卒フリーターというジョブを得ました!おめでとう!

 

どうでしたでしょうか。辞める決心ができている学生の助けになれたら幸いです。

出雲ジロウでした。