読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄からちょっと這い上がる

某私立大学を除籍→再入学→留年、さらに極貧という地獄のような経歴を持つ元セミプロベーシスト、現遊園地スタッフの心の叫び。

2017年から始める手巻きタバコのすゝめ~メリット、デメリットと作り方~入門編

みなさんこんにちは。出雲ジロウです。

元旦は如何様にお過ごしでしょうか。酒を浴びるように飲みましたか?

そしてタバコをかっくらいましたか?

 

そう。タバコ。新年早々不健康なタイトルですが、大人の皆さまへ。

皆さんは手巻きタバコをご存知でしょうか?

f:id:izumojiro:20170101234702j:plain

 

 

手巻きタバコとは  ・シャグ(葉)、フィルター、ペーパーを買い、自分で作るタバコのことを言います。

僕は喫煙者ですが最近は市販のタバコを買っていません(前まではハイライトメンソールでした)。

なぜかと言うと

 

① 安い

② 美味しい

③ かっこいい

からです。

 

理由①の安いというのは市販のタバコのだいたい半値で一本が作れるという大きな強みがあります(シャグやペーパーによって値段は異なる)

これからたばこ更に増税されるでしょう。そうなる前にやっておきたいものですね!

「500円超えたら辞める!」とか言うよりもよっぽど簡単ですよ

辛くないし!

 

 

理由②の美味しい は数種類以上のシャグに相性のいいフィルターやペーパーを見つけて作ることができるからです。その組み合わせは無限大です。

複数のシャグをブレンドしたりシャグの量を調節したりメンソールフィルターを使う人もいます。

市販のタバコよりも自分の好みにあったタバコが作れるはずですよ!

 

 

理由③のかっこいい は、やっぱり男たるものアンダーグラウンドな世界に憧れるじゃないですか。

クシャクシャになっていたり透明で葉が透けて見えるタバコは市販のタバコよりもジャンキー感や渋さがあってイイ!次元大介みたい!

 

 

メリット編はここまで!次に僕が実際に続けていて感じたデメリットについて書きます。

 

デメリットその①

手間がかかる

 

これはもう手巻きタバコをする上で絶対に妥協しなければならないことでした。

1本作るのに1分かからないぐらいですが、一箱分作るとなると20分にもなります。

結構な時間ですよね。作りながらテレビやyoutubeなど手放しでできる娯楽を楽しんでいました。

 

 

デメリットその②

周りの目が少し気になる

 

これは僕が小心者だからかもしれませんが、ファミレスやチェーンのカフェなどで巻く時や吸うときにチラチラ見られる気がするし見られることもあります。

気にしなければどうってことないですが。

職質された時は問い詰められたしテンパりました(笑)

 

 

デメリットその③

荷物が増える

 

これも手巻きタバコをするにあたって避けては通れない障害です。

ポーチ1つで事足りますが、タバコのストックを切らしているときは出先で巻くことになりますので手巻きタバコセットを持ち歩かなくてはならないことになりますね。

いつも手ぶらの方には少し面倒かもしれません

 

 

デメリットその④

売ってる店が限られる

 

これは全ての手巻きタバコ喫煙者に同意をいただけると思います。

基本的にはタバコ専門店やドンキホーテで買うことになります。

家が街からほど近いのであればさほど苦ではないですし新しい店を見つけたときやめったにないシャグを見つけたときの感動は素晴らしいですよ!

 

 

僕が感じたデメリットは以上になります。

手巻きタバコ、市販のタバコの良さを理解した上で同士が増えたら嬉しいです。

それでは実際に作ってみましょう!

 

 

実践編

 

 

材料、道具

 

シャグ(葉)

f:id:izumojiro:20170101233411j:plain

 これがタバコのもとになります。ドミンゴのメンソールです。

ちなみに開けてみると

f:id:izumojiro:20170102002032j:plain

こんな感じになります。タバコっぽいでしょ?

 

 

フィルター

f:id:izumojiro:20170101233417j:plain

 

いつも使用しているZIGZAGのウルトラスリムフィルターです

 

 

ペーパー

f:id:izumojiro:20170101233348j:plain

ドミンゴ付属のものを使います

 

 

そしてローラー

f:id:izumojiro:20170101233359j:plain

 

必須ではないですが綺麗に巻けます。

 

 

これらを使って作っていきます!

 

① ローラーにフィルター、シャグを乗せる

f:id:izumojiro:20170101233425j:plain

 

ローラーの端にフィルターをセットし、シャグをひとつまみほぐしながら満遍なく乗せていきます。だいたい1本につき1gが最適だと言われています。

次にローラーを閉じます

f:id:izumojiro:20170101233433j:plain

 

閉じるとこんな感じ。おじさんがいます。

 

② ペーパーを挟んで巻く

 

f:id:izumojiro:20170101233447j:plain

 

ローラーの隙間にペーパーを挟んで手前のローラーを手前側に転がしていきます

f:id:izumojiro:20170101233502j:plain

 

少しずつ巻いていき、色が少し濃くなっている部分(ノリ)を軽く舐めます。切手の要領です。

舐めたら完全に巻き込んで2周ぐらいさせます。

 

 

ローラーを開けたら・・・・

f:id:izumojiro:20170101233516j:plain

完成です!

 

f:id:izumojiro:20170101233528j:plain

f:id:izumojiro:20170101233534j:plain

 

 

両端はこのようになっています。

 

作り方としてはこれがスタンダードです。

とても美味しく綺麗なタバコができました!

 

「あれ?意外と簡単じゃね?」

そう思ったらその足でドンキホーテに向かいましょう!

初期投資は1500円いかないぐらいでした!

 

これから始める方、もうすでにやっている方はオススメのシャグやフィルターの組み合わせを教えていただけたら幸いです!

 

これからもちょくちょくタバコのことを記事にしていきます!

以上、出雲ジロウのタバコ日記でした!