SHIINBLOG


HOME

人気記事

はてブ順

カテゴリ

Top

爬虫類メディア立ち上げ

こんにちワイルドオスカー。

わに入道だす。

 

このたび爬虫類ライターを自称しました。

僕は上陸組なのでアクアリウムライターも自称しました。ありがとう。

 

 

そして僕がやるべきことは、爬虫類の魅力を伝えまくること。

でござるな。

 

だってこんなに可愛いんだよ。

 

f:id:izumojiro:20180525131411j:plain

 

ヒョウモントカゲモドキ ハイイエロー

 

 

こんなに可愛い動物たちの魅力を知らないなんてもったいない。

しかも飼いやすいし。

 

もちろん哺乳類も可愛いよ。めちゃめちゃ可愛い。猫大好き。

 

f:id:izumojiro:20171124113710j:plain

 

実家のにゃんこ様

 

 

僕がガンガン魅力を伝えまくることで、爬虫類コミュニティが少しでも盛り上がれば嬉しい。

そして業界が少しでも盛り上がればもっと嬉しい。

 

なにより爬虫類の偏見を取り払いたい。

 

これが僕の使命。頑張る。

 

当面、書く内容としては

・飼育法

・入門種

・ショップめぐり

・お宅訪問

なんかやっていきたいですね。

 

ほな、バイバインドホシガメ

ブログはヤメでーす。爬虫類とアクアリウムメディアになりまーす。

バイバイ!ブログ!

 

 

楽しかったよ!ヘイトも集めたしバカなことたくさんやった。

僕は文章を書くのが大好きだし、それは今でも変わらない。

 

だけどもっとやりたいことができた。それだけなのだ。

 

 

最近、動物の仕事をすることがとっても多い。

爬虫類飼育者でありアクアリストな僕は楽しくて仕方が無いのだ。

 

こうして生きていけたらなぁと何度も思った。

 

そして僕は爬虫類やアクアリウムの魅力をどんどん伝えたい。

こんなに可愛くて面白いのだから、爬虫類の偏見をどんどん取っ払っていきたい。

 

できれば飼育者を増やしたい。

 

僕はずっとずっと掲げてる目標があって

一億総飼育者

ということ。

 

日本中の人が動物に触れて楽しく幸せに暮らせればいいのにっていつも思ってる。

哺乳類でもなんでもみんな可愛い。

 

そして僕は同時に飼育者でもある。このスタンスは絶対に変わらないし変えない。

 

ペットショップで働いてた時からずっと僕は飼育者でありたいと思っていた。

だからこれから動物を記事にするにしても「あくまで飼育者目線」ということは絶対にブレない。

 

ずっとやりたいと思ってたしやりたいことをやるのがイチバンだなって思ったのだ。

 

仕事と仕事の空き時間で殴り書きしてるから支離滅裂かもしれないけど、これは本心。

音楽だってやりたいしプロデュースだってしたいけどね。

 

ブログというカタチではあるけど僕にとってはここはメディア。

だからブロガーは卒業。

 

今まで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

明日から僕は「爬虫類・アクアリウムライター」として執筆していきます。

 

急ぎ足ではあったけど、また。ほな。

ペットショップの店員って実際どうなの?という質問にお答えする。

f:id:izumojiro:20171127124645p:plain

 

どうも。イズモ(@izumo_aqua_)です。

僕ね、ペットショップの店員なんです。あの爽やかなアイツ。いいでしょ。

よく言われます。

「楽しそう!」「わんちゃんいっぱいいていいなー」「しんどい?」

まとめて答えちゃうんだから!んもう!お会計して~!

  • 基本的なお仕事内容
  •  
  •  楽しい?
  • しんどい?
  • 好きじゃないと出来ない
  • 動物を売り物として扱う
  • 向いてないならすぐ辞めるべき

 

続きを読む

【アクアリスト必見!】ADAのネイチャーアクアリウム展に行ってきた!

美しい水景。広がる緑。溢れる生命。全てが凝縮されたアクアリウム。ネイチャーアクアリウム。

そんな素敵な作品たちを見るために東京ドームシティへ向かいました!

目的はそう。

ADAの天野尚によるネイチャーアクアリウム展。

素晴らしい作品ばかりでした!写真と文章でしか伝えられないのがもどかしいですが、ぜひ見ていって下さい。

アクアリウムに興味の無い人でも絶対に楽しめます!

  • 東京ドームシティ Aamo
  • 入り口には天野氏、愛用のカメラ
  • 天野氏の写真たちが並ぶ
  • 水景写真
  • メインの水槽ブース
  • ブースの目玉 巨大テラリウム
  • 映像で見るアクアリウム
  • 物販
  • アクアリウムの世界は無限!

 

続きを読む

ニャー!もう怒った!ネコを飼うとロクなことがない理由5つ!

f:id:izumojiro:20171114015512p:plain

ニャーニャー!

甘えた声。透き通った瞳。ふわふわのカラダ。身軽な動き。心をくすぐる仕草。

あの可愛すぎる生き物。猫について書いていきますよ。もう怒った。許さんぞ。

今から猫を飼おうと思ってる方には是非見て欲しい。

猫を飼うとロクなことがない!なんてやつだ!

今日もよろしく。出雲です。

  •  発端
  • 理由① 邪魔
  • 理由② 朝起こされる
  • 理由③ 余計なもの買っちゃう
  • 理由④ 遊んでくれない。空気読めない。
  • 理由⑤ デブ
  • 猫を飼うとロクなことがないよ!全く!

 

続きを読む

【カメラ】テトラポットを撮ると絵になる


f:id:izumojiro:20171031140121j:image
どうも出雲です。今日は息抜きのための記事です。こういったアプローチもしていきたいな。

僕には密か(?)にカメラを練習しています。

 

被写体は大体ペットである熱帯魚くんたち。

f:id:izumojiro:20171009201440j:plain

ポリプテルス・セネガルス。かわいい。

 

とか旅行先の風景を撮ってます。 

f:id:izumojiro:20171031133551j:plain

栃木県は日光市、竜頭の滝。荘厳で美しいです。

 

今日は早起きして少し足を伸ばして神奈川県は小田原市の海を撮りました。新宿から90分ぐらいです。

そこでテトラポット大好きおじさんな僕は朝日でもなく海でもなく浜でもなくテトラポットばかり撮ってしまったので見てください。

そしてカメラ趣味の皆さん。アドバイスや指摘していただけると泣いて喜びます。

 

f:id:izumojiro:20171031125118j:plain

アクアリウムをやっているので三角の構図を想定してやってみました。写真にこの構図があるのかどうかわかりませんが芸術は同じっしょみたいなノリで。

 

f:id:izumojiro:20171031130715j:plain

波の引き際。

水の動きがあるような写真が撮りたいですね。

モノと水がぶつかる瞬間のような写真が理想です。躍動感のある絵にするにはどうすればいいのだろうか。

シャッタースピードを上げると暗くなってしまって、ISOを上げると眩しすぎる。下げると判然としない。ホワイトバランスが鍵となるのでしょうか。

使っている機種はPENTAXのK-rです。もらい物です。装備品はありません。

 

f:id:izumojiro:20171031131315j:plain

この一枚はしぶきがいい感じで撮れました。しかし問題の明るさが足りない。もっと光をfrom.blue encount

 

f:id:izumojiro:20171031131826j:plain

この灯台カッコイイですよね。赤くてドンと構えていて芯がある感じ。

被写体がカッコイイだけに技量の無さが悔やまれる。また来てもっといい絵がとれるように。

 

f:id:izumojiro:20171031133302j:plain

ブシャー!!!!!!!!!テトラポットブシャーーーーーーーーー!!!

 

f:id:izumojiro:20171031133839j:plain

 

波の先頭。ザバーンのとこ。すごく好き。

 

f:id:izumojiro:20171031134108j:plain

 

一応海も撮ってるよ!

 

f:id:izumojiro:20171031134343j:plain

 

なんかの鳥さん。かっこいい。なんて名前?

 

f:id:izumojiro:20171031134602j:plain

 

雲がかかってましたがその隙間から差し込む朝日が神々しい。一眼レフを使えば僕にもこんな絵が撮れちゃう。ありがとうPENTAX。

 

f:id:izumojiro:20171031134820j:plain

 

でもやっぱりテトラポットが好き!!カッコイイ!欲しい!

テトラポットの写真集とか作ったら売れるよきっと。

なんて趣味で練習でアーティスティックな朝でした。ひどく眠いですが仕事に行きます。

 

 

 ちっちゃいのあるんかい!!!!!!!!!!!!世の中なんでもあるな!!!!

 

 

www.jirobrog.org

 

読書好きは絶対に読むべき名著「本を読む本 how to read」

どうも。出雲です。皆さん本は読んでますか?楽しいですよね。

最近読んだ本は?内容は?どの部分が重要でした?

思い出せない。なんということでしょう。せっかく数時間もの時間を費やして読んだ本が身についていない。もったいない。

そんなこと良くあると思います。僕もありました。

せっかくいい本に出会えたのに消化できてない。食べてそのまま排泄した。良くある話です。

そんなことにならないよう本の読み方を教えてくれる名著を紹介します。

 

  •  本を読む本
    • レベル分けされた読書
    • まるで講師と生徒
    • わかりやすい例え
    • 各ジャンルの本の読み方もレクチャーしてくれる
    • 批判の仕方
  • この本を読んでから読書ノートをつけた
  • レベルアップした読書をしてみてはいかがでしょうか

 

続きを読む